四章  融ちゃんが体の内面で掴んだ図式から社会環境に今新に描き始める最初の広場

融ちゃんが大きな怪我をしたときに解剖学の成田先生がお書きになられた本と出逢うのだけれども其の本にはね、人は自分の体と同じように町を作っていくって書いてあったのよ。

当然と言えば当然よね。

言われてみれば「なるほど~!」と普通では見落としてしまうけれどもね。

受け身で説明を受けてやっと感じれることだから普通は見落としてしまうわよね。
それこそが目から鱗状態よね。
其が哲学を生んだのだろうかしらん。
だって体一つで生まれてきた人間がその体を通して道具を作り果ては重機までつくるでしょう。
融ちゃんのライフワーク工房ではユンボ(ショベルカー)の体験までやる事もあるのよ。
指導してくれる林業のYさんに「好きな女性をそっと引き寄せて、ぐっと抱き締めるように操作しろ」と言われるんだけれども、見かけとは違って繊細な意識を必要とするのよね。

「花」は子犬だったから逆によく判ったのよね。
だって危ないときにママが仔犬をくわえて守ろうとするとき同じような感じよ。
だから見掛けはいかつい機械だって手仕事の感性がなければ出来ないんだよって言いたいのよ。

子供では当たり前なアシンメトリー脳が外部からの刺激にまだ犯されやすいうちに、社会性で必要なシンメトリーな脳を強引に早く仕込むから根無し草の浅い思考人間を世の中に溢れさせてしまうのよね。

何を言いたいかってと言うとね、そうやって体から道具を作り出すのだから、当然街並みもそうだって言うことを「花」は言いたいのよ。

解るでしょう。

だから世界はあなたが創っているって言うこと。
だからこそ変えていけるっていうこと。

だからあのつまらない真四角な無機質なビルや道路はそんなシンメトリーな一人一人の脳が作り出したって言うことよ。
同じく、その景観ではアシンメトリーな脳を音楽やお絵描きで鍛えてもまたもや簡単に犯してしまうって言う事よ。

知らないふりはもう出来ない時代にいよいよに入ってきたわよ。

だってまだまだ予測される天変地異や温暖化からミニ氷河期への移行等越えなくてはならない壁がすぐそこまで来ているのだから。

ヨーロッパでは景観が人の脳を犯すことが解ってから街並みを昔のように戻していったのよ。
此処でもしつこく叫ぶわよ。
温故知新!温故知新!温故知新!

日本の駅ビルや郊外のショピングゾーンのような無機質は皆無よね。

中国は凄く今もったいない方向に向かってしまっている流れと、上海の原宿「タコボウ」のように其れを生かそうと言う動きが重なっているわよね。
でもあくまでも其に気付いた他国の人が音頭とっているだけなんだけれども。

シンメトリーな脳が作る街並みとアシンメトリーな脳が描く世界がうまく共存共栄したら凄く美しい町になっていく可能性も一方では秘めているけれどもね。


例えばねヨーロッパであれだけサッカーが広まる背景にはね、凄く重要なポイントが思考の地中に埋め込まれているのよね。
動物が当たり前に持っている闘争本能を悪者にしないで消化出来る街並みこそが成熟した大人の社会だって位置付けたのね。
カトリックで欲を弾圧し過ぎてしっぺ返しが来たのよね。
其から暴力事件や落書きなど急速に減って行ったのよ。
カトリック的な思考は犬族にも子供にも凄く行きすぎな位スパルタだったものね。
けれども其に反発して出来上がったプロテスタントが作ったグローバル資本主義も今行きすぎて崖っぷち。
イデオロギーでは限界に達したのよね。
此れからは零から有るもので動かしていく力よね。
そうホルモン流儀のやり方ね。

アメリカ北方ネイテイブインデイアンは全部自然界に有るものでカヤックを組み立てるから、旅の途中で壊れても直しながら旅を遂行させていける柔軟性思考による「大丈夫なんとかなるから」的な強さを保持しているのよ。
その思考をいよいよ今、人間族は身に付けないとならなくなってきたの。
その体験でしか手に出来ない身体知をライフワーク工房あらえびすでは提供していきたいって思っているのよ。

融ちゃんが取りつかれたように古民家再生していくのも使わない材を工夫して利用していく事を求めている脳が喜んでいるのよ。
それも不思議でお金に余裕があるときは気付かなかったりしてしまうのよね。

だって此処にはその使われなくなった材が林業のYさんのご協力で、家の周りで陽の目を見る時を今か今かと待ち望んでいるの。
そんな未来のヒーローの材をを普段から目にしているからこそ思い付くのよね。
家の周りが無償のホームセンターになっているのよ。
都会では絶対に無理よね。

融ちゃんも此処に引っ越して来たときはゴミだと思っていた様々なものが、自分が使うようになって始めて、此処で以前に暮らしていたおじいちゃんにとっては宝物だったって気付いたのよね。
だから此処の古民家工房はそんな暮らしのモデルハウスなのよ。
都会ではちょっと日曜大工するんでも買いに行くとこらから始めるしかないし、なんと言っても真っ直ぐな部材しかないでしょう。
此れではアシンメトリーな脳は鍛えられないわ。

本当にもうすぐ、今までのように人任せにすることで専門職で分断しあってどうにか食べて来れていた時代は終わって、捨ててあるものでお洒落にリニューアルした家を素人が建てる位の事が普通に出来なくてはならない時代のスタートに入ったんだから。
一番最初に分断に走ったヨーロッパが一番最初にお手上げにたどり着いたわけ。 其処を協力しあって乗り越えて行こうと創ったEUで十分解決できる予定ではあったのにまだまだ問題が出てくるでしょう。
ヤッパリすごい創造性がまだまだ必要なのね。

まるでタイタニックよね。
戻ってなくなる人。 此処に行きすぎると武士道回帰、宗教的共同体と後退する道に進んで行くのよ。
何人かが助かったかのように見えて其処になだれ込み下敷きになる人。 此れが今の中国がグローバル資本主義を一心に目指している様子よね。
そしてバーチャルな精神世界に行く方々は瞑想に走る。 今精神世界ビジネス大流行でしょう。

瞑想悪くないのですよ。
共同体も武士道も精神世界も全部素晴らしいのですよ。
でもシンメトリーな脳による映写機での画像の差し替えでは意味をなさないのよ。

3Dなのに再生機が3D対応でないと意味をなさないで、かえって見辛いでしょう。
偶然が創る様々が必然を生んで、無意識化に任せて人知を越えたものに身を任せて変革していく様に仕向けないとアシンメトリーの脳には繋がらないのよ。
アシンメトリーな脳でシンメトリーな脳によって安易に造られた社会の中に見本を提示 するのは本気の体で体得していく以外に方法はないんだって思うのよ。
山伏や仏教修行などに苦行が入っているのは其のスイッチをいれるためね。
けれども今は其処にSPEEDも加味しないと地球がもたない所まで来ているのよ。

木も水もない砂漠で「花」は散歩したくないもの。

だからイラついたら其れを他者にあまり迷惑かけないで発散する「場」をサッカー場にヨーロッパは位置付けしたのよ。
イライラするって言うのは、アシンメトリーの脳がシンメトリーな脳で構築されて起きた現象に対して感じとり出てくる表現なのよ。
だからイラットしたら町中に、道路標識と共にあるサッカーボールのマークを見てサッカー観戦して、発散する。
ましてやSPEED感覚溢れるアシンメトリーな脳から繰り出される妙技の瞬間を人間は見せつけられると、イライラが解消されてクダラナイ悩みや不安はどうでも良くなるのよね。
そして「大丈夫なんとかなるから」って言葉が出て来るのよ。
此れが求められる前向きね。 なげやりでは駄目よ。
そんな「場」をサッカーボールの標識は示しているのよ。
飛行場やトイレのマークとかあるでしょう。
あれと同じレベルでそんな時はここだよって教えてくれているのよ。
ヤッパリいち早くグローバル資本主義のつけが体に現れて精神病がいち早く出てきたヨーロッパならではの先進性よね。

石畳とか古い建物とかカーブした道とかヨーロッパの街並みは飽きないでしょう。
これもシンメトリーな脳で町の景観を作ると脳が破壊されて創造性が発揮できずに結果様々な環境変化に人間がついて行けないって言う重大な事に気づいたからなのよ。
オランダでは、ヨーロッパ全体での自律神経発散国と言う位置付けだから、様々に合法な物が氾濫しているでしょう。
教会の裏口路地の真ん前に飾り窓が営業中だったり、昼から結構強い酒飲ます立呑屋があったり、合法麻薬のカフェが昼前から店開けていたりとね。
そしてポリスは行きすぎた人だけを取り締まるのよ。
そして現代美術建築の宝庫でもあるでしょう。

ヨーロッパは音楽だって120年前にシェンベルグがあのよくわからない現代音楽を発信したのだから凄いわよね。
融ちゃんも「花」も単純に日本もそうなって欲しいと行っているわけではないのよ。
アシンメトリーな脳には良いも悪いも常識も非常識も真っ二つに綺麗に分けるような単純で幼稚な働きはないんだって理解して貰いたいのよね。
常にいい塩梅な時が軸が整っているときなのよ。
アシンメトリーな脳は上手に凸凹でどうにか良い塩梅でバランスが取れるように、細心の注意で分けれる特質を持った思考なのよね。
身体では其処はアシンメトリーな形の横隔膜より下の内臓にあたるのよ。
此こを日本人の「肚」と言う感覚言葉は身体の抽象的な位置の存在を示しているのよ。
だから「肚を決める」って保証されているからとか簡単だからとかある理由があっての決定ではないのよ。
難題に対して何としても越えてやろうじゃないかって言う覚悟よね。

融ちゃんは大好きなインデイアンの首長の「其でも己の道を進め」と言う言葉を何時も思い出すんだって そうして次は肚と他者をひとつに繋げて行ける肋骨内部よね。
ハートは胸で感じるでしょう。
アシンメトリーを社会に提示するためにはもっともっと肋骨を知らなくてはならないのよね。
其が「気付く」よね。
頭では気付けないのよね。
捨てられて要るものを創造性で息を吹き替えさせる凸凹アシンメトリーホルモン流儀は胸でしか感じ取れないハート無くては甦らせれないものよね。
其処に愛が生まれるって想うの。
古民家工房のトイレにおいてある日めくりのこの言葉はとっても脳の構造を知るためにヒントになるわ。
「常識で考えるのではなく、今こそ次の常識を考えよう」

融ちゃんは新しいことなんてこの世にないって感じているのよ。
発掘して発明して発見するだけよね。
常に凄いSPEEDで動いているのよ。
無意識なうちにキャッチしないと見えてからではchanceにはならないのよね。

此処でやろとしていることは、無意識化を掘り下げてそこから取り出して誰もが見やすいものにリニューアルしていく作業だって融ちゃんは、常日頃言っているわよ。
だからこそまずは生きる中心である水に拘りたいって。
其も無意識界から溢れ出てくるようなアートな創造性を自然界が形で既に表現している伏流水に拘りたいってね。

自然の無意識界から溢れ出るアートな作品としてのお水が普通に飲めないって、とっても変でしょう。
この変さ加減こそがシンメトリーな脳が作り出す社会の形なの。 良く市役所とかで面倒な顔をされることあるじゃない。 厚生省でも同じで一番の理由はメンドクサイが理由だと思うの。
言い換えればこのメンドクサイは、六人でケーキカットして食べようとしているときに不意の来客で均等に七個にカットするような事よね。
日本の伏流水がメンドクサイでそのまま販売できないでいるのにエビアンやボルビックは外圧で生のまま販売できるって可笑しいでしょう。
だから日本のミネラルウオーターは全部煮沸して体に良い天然の恩恵を全て除去させた偽物ナチュラルミネラルウオーターなのよ。
其もこれだけ豊かに伏流水を蓄えた類を見ない国なのに本当に勿体ないのよ。
誰もやらないなら俺がやるっきゃないでしょうと融ちゃんは命を此にかけたのよ。
何故ならば其処が創造性の泉だからなのよ。
単純に安心安全な豊かな水を自由に飲めるシステムを構築したいだけではないの。
此れが許されるシステムをこのシンメトリーな脳で構築された社会に産み出せないってことは、創造性を皆無にして生きていけって国に完全に支配されているって言うことに繋がって行くと真剣に危機感を感じているからなのよ。

融ちゃんが岡本太郎さんを敬愛する一番の理由は其と最期まで闘ったからなの。

ヨーロッパには中心が開放的で自由に出入り出来る広場があるでしょう。
アジールって言うのだけれども。
アジールは平等と自由の象徴。
何故ならば自然力と言う人知も犬知も叶わないものが供給源で中心をなしているからこそ本物の自由と平等が成り立つのよ。
だからこそ、そこはあの世とも繋がっていてフェスティバルの会場でもあったのよ。
今本当に平等なそして自由なフェスティバルがあるかしらん?
ましてや其処には自然力と言う絶対的物への畏怖の念と畏敬の念が混ざりあっている絶大なるパワーを人々が本気で感じとる事が可能なフェスティバルよ。
何れは融ちゃんはそんな祭りを創ってみたいって思っているのだけれども祭りは一番最後よね。

日本の里山はこのアジールが共有林だったのよ。
其処は全員が出入り自由でポリス的な支配構造がなかった場所。
そして其処は無限に生まれて又無限の世界に戻っていく創造性の「場」。
これによってデザインされたヨーロッパの広場にはだからこそ池と噴水があるの。
自然界の力を町にデザインして取り込み、自然と都会、田舎と都会を表現したのよ。 東京の失敗は無意識的には中心に皇居を配置して中心に誰もが自由にたどり着けないデザインにしてしまったことよ。
天皇制が悪い訳ではないのよ。


水を涌き出させるお山が無意識界で「肚」よね。
死と生が繰り返されていく土壌。
涌き出る所は様々が同等に出合う中心で「胸」よね。
好きだって言う感情も涌き出るのは「胸」でしょう。
ここ泉郷でもお山は無限に命を生み出す子宮だって言うお山の神様信仰である山岳信仰が根強くて、社には男性性器を奉るのよ。
凄く立派なやつをね。
所謂男が種を蒔くのね。
無限の土壌に。
だからお山には女性が入れなかったの。
何故ならお山の神様が同性に焼きもちやき怒って天災を招くからなのよね。

その中心にデーンと流れているのが空気に触れない伏流水なのよね。
創造力の源が枯れることなく可能性を秘めて胸に昇華されるのを待ちわびているの。
生命の種が蒔かれることを待っているのよ。
エロチックだわ。

自然界も水のみ場では同等にお水を分け合っているわ。
これはもう此処から手をつけてデザイン始めるべきだって、融ちゃんにお山の神様からメッセージが届いているとしか思えないのよね。
一度も見えるところまでは顔を出さないで、薬草の土壌の成分をいっぱい含んで鉱物のエキスも取り入れてあるところから涌き出る姿は、アシンメトリーの脳の構造と同じでしょう。
きっと凸凹のアシンメトリーの合わさる間を水が通り抜けてくる様は、縄文土器の中心を示し見せてくれているような気がしてしまうのよ。
ロマンティックよね。

だからこそ凸凹アシンメトリーホルモン流儀では売らないで伏流水代行汲み上げ業務が成り立たないかって考えたの。
先ずは会員二千人から。
目指すは一万人。
会費は年間一万円。
リターナブルボトルと箱代金の初期投資は五千円。
輸送費は会員が自己負担して欲しいの。
年会費と自己負担の送料こみで一リットル安心安全な水が160円で提供できるの。
送料込みですよ。送料込み。
五リットルのガロンボトル四本で贈るは。

日本では他と同じく意味のない法律に縛られていてこの安心安全な放射能の影響を一番受けずに腐らない伏流水を売ることが出来ないのね。
あらえびすを応援してくれている群馬のお水販売会社「エアー」の増田社長は、 伏流水で日本の水道は完全に成り立つって完全な試算のもとに大きな夢をもっていらしゃったのね。
売らないで会員制にしてやろうとしている「あらえびす」さんなら目指せるからって融ちゃんは言われて燃えてしまったの。

お山の神様も喜んで、動物も喜んで、植物も喜んで人間も喜べるって。
この活動が軌道に乗らないで失敗に終わったら潔く死んでやろうって 本気で命をかけたのよ。 融ちゃんは引っ越してきた最初の冬に薪割りしながらある唄を作曲したのね。
完全に神様に創らされたような唄なのよ。
その時お山の神様にお願いしたのよね。
どうか桃源郷を千年の未来に耐えうる神話を創らせて下さいって。
僕はお山の神様に命を差し出しますってね。

先ずは自分の体力使っての地味な自然壊さない作業にしたいから一人ぽっちでもやれるギリギリを試算したのよね。
一人の労力に徹底的にこだわったの。
イヌイットだってカヤックと銛であのクジラを射止めるでしょう。
其も命の重さは同じと最後は一人で命と向き合う。
そうやって生きることを真剣に見直したい融ちゃんになったからこそ一人でやれる最大値を試算したのよね。
本気のやる気が現れていてとっても精神が逞しくなってきたわ。

五リットルを四本箱詰めして送るから他の作業もあって水に使える日数は月二十日。
と言うことは一日二十リットルを百人分汲めば成り立つって。
会費はガソリン代金と労力に。

そうして余剰金で無料が成り立つ老人ホームや保育園学童のシステムが出来ないだろうかってね。
今ホルモン流儀でジャム、トーフスモークチーズ、パン、フルーツ焼酎などなど製品開発してるのも全部捨ててるものを復活させて、其で福祉を国に頼らずに回して行くためなのよね。

そうして使われていない田畑で此れから七十年続くミニ氷河期に備えて、そして関連的に来るであろう地球規模の食糧難に対しての備えで実験農場を創って行く積もりなのですよ。
此れは会員が一万人になったら出来ることね。
勿論一人で一日一万リットル汲んだら死んじゃうから、細やかだけれども地元にも雇用を生み出せるしね。
一日二千リットルマジに一人で汲む覚悟なのよ融ちゃんは。
其も軽トラと汲み上げようの二十三リットルボトル百個と体力だけで、雨の日も休まずにお山に汲みに行かせていただこうって。

この馬鹿を皆で支えることで日本のお水がいずれ完全伏流水になるも夢ではないの。
その上今行き詰まっている保険介護医療費等を政治に頼らずに動かせる事もおまけで出来る可能性も秘めているのよ。
ただし此処のお山は雪深いから雪が降ったら入れないの。
「花」ごときでは犬ぞりで入って行けない所だし。
だけれども腐らないからその分も先にお届けは可能なんです。
だから全員頂きたいとなったら一日四千リットルの可能性が出てくるけれども其も堂々と彼は引き受ける覚悟なんです。
「花」はちょっと心配だから雪深い冬が創るお水に思いを馳せて頂いて彼にあんまり無理をさせないであげて欲しいのですけれども。
だけども融ちゃんは自分に課せたこと今まで絶対にやるといって投げ出したものは「花」が知る限り一つもないのよね。
ましてや人知を越えた物に命をかけてしまったのだから、お山の神様に命を預けてしまったのだからきっとやり抜くことだけは私が証明するわ。
彼は一万人までは一人でもやるつもり。
一日一万リットルよ。


物知り「花」からのクイズ  その3


問題

日本で江戸時代にこのように世間から見捨てられたもので 自然も地方経済も立て直した偉人がいました さて誰でしょう。



答え


日本でいち早くこの形態を思い付いたのが二宮金次郎さんなのよ。
彼はアジールの使わなくなった共有林で炭を大量に創って江戸で売り、 人口増加で人糞に困っていたこの人糞を有料で持ち帰り山や田畑を甦らせて、 その農作物も又江戸に宅配したのよ。ホルモン流儀の開祖様よね。
それもあってね富士山の側に融ちゃんは家建てたのね。
後は東京に一番電力供給している浜岡原発の反対運動に参加したくてね。
地震がきて崩壊したら即死する場に住んでこその反対運動だって思ったのよね。
電気なくなったら困るシステムに様々頼りながらの経済活動をしていての原発反対運動には抵抗があったの。




だからこそ身体ワークもドンドン簡素化して行ったのだけれども其と同時に限度のある交通エネルギーを無駄に使いたくなくなってきだしたのよね。
今殆ど高速バスで移動しているのだけれどもこれも本当にシックリ来ているようよ。

何となくぶらっとお休みの日に町に出たり、ただの誤魔化しで郊外に行くような非生産的な時間とエネルギーの浪費になっている余暇よね。

そして今伏流水をスタートに定めてこの思想をホルモン流儀と命名して彼は此に命を本気でかけているのよ。
彼は体で気付いたシステムを地球に当てはめて、同じく可動させてみる事で体や心と同じく、社会の弊害が皆無になって地球が進化出来たことを証明できたのならば、魂がこの地球に成長するために修行に来ていることを本気で証明して其れを認めていくほどに世界が良くなっていける事が必ず人類にはできるようになるって信じきっているのよ。
だって今まで何回も転生して修行しているのに、この地球上には何時までも平等や自由が来ないし何時までも戦争や自殺や揉め事が多すぎるじゃない。
それでは此れからの子供たちは、転生したってちっとも地球社会が良くならないのなら人間は所詮皆政治家と同じじゃないって生きることに驚きや幸せや本当の満足を求めなくなってしまうと本気で心配しているのです。 いよいよ五章は社会実践の有り様を想像して提示してみたいと思っておるワン  !ダフルアースよ。ワンダフル  ワンダフル  ワンダフル


融ちゃんが此れからの時代の進むべき方向性に確信を得た重要な書籍をご紹介いたしますね。
是非とも読んで見てね。
間違いなく凸凹アシンメトリーサイバーネット自由原理協同組合 ホルモン流儀 あらえびすが必然的に生まれて、今こうして本気に動き出していく背景がつかめるはずだから。

橘玲 著作     (日本人)
 平川克美著作     移行期的乱世の思考
 神田昌典著作     2022ーこれから10年活躍出来る人の条件
 テイナ.シーリグ著作   未来を発明するために今出来ること

以上の四冊です。
何れもが既に着手していた融ちゃんにとっては自信を失いかけていたときに、自分の軌跡を大丈夫間違っていなかったって再確認出来て改めて次なる方向へレールをひく勇気を頂いた素晴らしいご本です。其から彼は古民家再生にのめり込んだものね。


Android携帯からの投稿